雨漏り修理 原村中新田

今回は、お母屋と増築した部分との接続部に隙間ができ

そこを何とかする工事です。

cimg3539-01

ここは基礎がしっかり打っていなかったようなので

夏-冬 と季節を経るごとに

地面が平ら-地面が盛り上がる

を繰り返すので、固定するとどうしても隙間ができてしまいます。

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

いわゆる、フレキシブル、という状態にしておかないと

来年の同時期には同じような状況になってしまいます。

 

そこで防水紙や板金を完全には固定せずにも済むように施工です。

cimg3874-01

そもそも壁がでこぼこのサイディングなので

こんな風に防水紙を貼り付けコーキングします。

cimg3877-01

とりあえず、これだけでも雨は入らないのですが、

アスファルトルーフィングは日光などの環境変化には弱いので、

板金を上に張る形でカバーします。

cimg3880-02

そして、サイディングのデコボコとの間を埋めるためにゴムを巻いて

cimg3884-01

その上にまた板金を巻いてコーキングをして完了です。

cimg3891-01

cimg3892-02

これで雨の侵入も防げますし、建物が多少動いても大丈夫です。

 

次は雨の侵入でカビてしまった部屋の中を直します。

cimg3540-01

cimg3542-01

これだと下地のイタミ具合が分からないので、

とりあえず壁を剥してみます。

cimg3969-01

ここで下地が腐ってダメなのか、

それとも、

黒カビなどは入っているもののまだ使用できるのか、

で修理の手間(工事価格も)が全然違ってきます。

 

こちらの天井のジプトーンを貼り直し、壁もプラスターボードを貼り直します。

パテで目を埋めて平滑になったら壁紙を貼り直します。

cimg3974-01

こっちは壁紙がダメになっただけで、下地のプラスターボードは大丈夫だったので、壁外だけ替えます。↓

cimg3977-01

そして完成がこちら↓

cimg4027-01

cimg4028-01

↑という具合にキレイになりました。

 

雨漏りは水が伝って落ちるので、

普通は天井裏からでもなかなか水漏れ箇所が

わかり難いです。

 

今回は不幸中の幸い(?)というべきか

明らかに水が入る箇所が分かったので

対応もしやすかったです。

 

ちなみに

私の(これまた)大工のおじさんがよく言うのですが

「屋根はお金をケチって作るとあとでエライ目に合う!」

というのがあります。

 

私もこれまでにメンテナンスで

・コロニアルの屋根

・アスファルトシングル

・瓦棒引き

・一文字葺き

・瓦屋根

など、いろいろな屋根の工事をさせて頂きました。

 

その中でダメなのは、

・アスファルトシングル

・コロニアルの屋根

です。

 

アスファルトシングルの屋根は耐用年数が15年程度ですし

コロニアルの屋根も20年程度でダメになります。

 

最近はそのことが建築業界では知れ渡っているので、

今は、板金の屋根である

・一文字葺き

・瓦棒引き

が一般的によく用いられます。

rimg0661

一文字葺き↑

rimg4355-01

↑瓦棒引き(比較的昔ながらの方法で最も雨仕舞が良いと思います)

 

その2つの中でも一文字葺きや平葺きの方が最近の主流となっています。

※正確には、今は瓦棒引きの”芯なし”が主流。

 

 

更に言うと屋根の形状にもお勧めできるものとそうでないものがあります。

 

というのはそれによって家の維持コストが圧倒的に変わってくるからです。

 

そもそも、壁もそうですが屋根も年々に一度は塗装し直さなければなりません。

壁は一般的に5年に一度

屋根は10年に一度

塗り直さなければなりません。

 

もちろん、この年数は一概には言えず

屋根の材質によってはもっと長持ちするものもありますし

逆にそうでない場合も有ります。

 

壁もサイディングと板壁では全然違います。

 

そしてその都度、足場を組んで施工しなければなりません。

 

今は安全衛生規則で、

2m以上の高さでの作業は基本的に作業床(足場)を設ける事

(というような内容の)

規則があります。

 

ですから、屋根や壁の塗装の際にも

当然、危険な作業なので作業床(足場)を設けるのが原則になっています。

 

この”足場”が非常に費用が掛かるのです。

 

工事を依頼したことのある方はご存知と思いますが

一般的に50万円~ の費用は普通に掛かってしまいます。

 

ですから、当然、後々足場が必要な屋根じゃない方が

後々のメンテナンス費用が断然違ってくるわけです。

 

長くなってきたのでこの話はまた今度しますね。

 

ではまた~♪

 
便利屋的な仕事♪
八ヶ岳高原より♪
大工工事
土木工事
塗装工事、ペンキ塗替え
キツツキ対策
不用品処分
小工事(建築・土木・設備)
擁壁工事
木の伐採
考察
草刈り、藪刈り作業
雨漏り修理

ご相談はこちらまで↓
アトリエブフィエのWebサイト