塗装 何年に一度? ペンキ塗替えの時期についての考察

よくご質問を頂くのですが

「塗装は何年に一度すれば良いの?」

という疑問があります。

 

私が別荘の管理事務所に勤務していた時に先輩から

「こう答えなさいよ」

と教えられていた一般的な答えとしては

 

「屋根は10年に一度、壁は5年に一度が目安です」

というものでした。

 

一般的に塗装には

・フッ素樹脂塗料

・ラジカル制御形塗料

・シリコン樹脂塗料

・ウレタン樹脂塗料

・アクリル樹脂塗料

・無機塗料(セラミック塗料)

・ピュアアクリル塗料

・光触媒塗料

・ナノテク塗料

等の種類があり、その耐久性を簡単にまとめてみると↓

%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%80%90%e7%94%a8%e5%b9%b4%e6%95%b0

↑このような感じになります。

塗料の耐用年数は

・施工する箇所は?

・雨がどのくらい当たるのか?

・雨水などがどれくらい流れる個所か?

・そもそも雨が少ない箇所地方で使うのか?

・海の近くや比較的大気汚染のある地方で使用するのか?

など諸条件に変わってきますので、一概に表現できません。

 

一応の目安として

・フッ素樹脂塗料    15~20年

・ラジカル制御形塗料  13~15年

・シリコン樹脂塗料         10~15年

・ウレタン樹脂塗料      7~10年

・アクリル樹脂塗料    5~ 8年

・無機塗料 など    各メーカーによるバラつきが大きすぎるので何とも言えない

という感じかなと思います。

 

一つ言えるのは、

30年保つ塗料は今のことろ無い

という事です。

 

今回は屋根の塗料にシリコンの塗料

壁の塗装には、水性のキシラデコールを使用させて頂きました。

 

この建物を建築した際には

オーナー様のこだわりで外国の塗料をしたそうですが

 

結局数年に一度の塗り替えに毎回その塗料だと

仕入れる手間も価格も掛かってしまうので

日本の物でお勧めの塗料で良いです、

と言って頂きまして施工させて頂きました。

 

実は塗料メーカーさんのお話だと

キシロデコールの油性の様などのような塗料は何も考えずに

上から何度も塗り替えれば良いものでは無いのだそうです。

 

実際に実験として、

年月も経たずに、また、色も落ちていないうちに

何度も塗り重ねてみたところ

内部の湿気が逃げずに芯の方が腐ってきたのだそうです。

 

木の塗装をする場合には、

前もって下地のケレン処理で幾らかでも木の表面を出してあげて、

木が呼吸できるようにするのが大事

なのだそうです。

 

ですので、木材の壁の場合は

5年程度すると塗料もある程度、雨で洗われて

ススケテ見えてくるので、やはり

5年に一度くらいが塗装の塗り替えの良い期間かと思います。

 

サイディングの壁の場合は、

サイディング自体は20年~30年と保ちます。

 

けれどもサイディングを施工する際のシーリング材は

やはり長くても5年~10年程度が精精の寿命ですので

打ち直しが必要になります。

 

ある程度の期間になると、シーリング自体に

ヒビや剥がれて見えて来て、

雨の侵入する原因になりやすいです。

 

そうすると、いくら塗装を塗り替えても上塗りをしても

効かなくなってしまいます。

 

やはりシーリング材によるコーキングやチンキングを確認する意味でも

5年程度で一度塗替えする方が良いと思われます。

 

八ヶ岳周辺ですとシリコン塗料で塗り替えを

勧める業者さんが多いと思います。

 

いずれにせよ壁も5年~10年程度に一度塗替えすのであれば

足場を組む手間は一緒なので

屋根の塗料だけ20年保って、壁だけ塗る為に足場を掛ける

ということが費用対効果で非効率的なのでしょうね。

 

そもそも絶対に必要になってくる

後々のメンテナンスに足場が必要のない形にして

建物を作れば良いのですけれど

そう考えてくれる建築屋さんは少ないようです。

 

↑この辺りはまた説明します。

 

ではまた~♪

 

 
便利屋的な仕事♪
八ヶ岳高原より♪
大工工事
土木工事
塗装工事、ペンキ塗替え
キツツキ対策
不用品処分
小工事(建築・土木・設備)
擁壁工事
木の伐採
考察
草刈り、藪刈り作業
雨漏り修理

ご相談はこちらまで↓
アトリエブフィエのWebサイト

雨漏り修理 三井の森

デッキ下の部屋の天井が雨漏りする

というご相談を受けまして修理です!

 

何とかいう有名建築家の設計した事務所の手掛けた別荘ですが

あっけなく雨漏りだそうです。

cimg3983-01

このデッキ下に部屋があり↓

cimg4008-01

この部屋の↓

cimg4011-01

窓際の天井から、雨のたびに水が漏れてくるとのことでした。↓

cimg3996-01

なぜ有名建築家、とワザワザ書いたかというと、

お施主さんが嬉しそうな顔をしてワザワザ雑誌まで見せて

「これ〇〇(確か坂 茂だと思った。忘れました)という有名な建築家に設計してもらったんだ」

と仰られてたからです。

 

私も設計事務所で勉強させて頂いたことがありますが

どうも設計事務所が絡んだ家というのはお粗末で、

建築の基本を全く分かっていないとしか言えないような

阿保みたいな修理というかトラブルが多い・・・。

 

まぁ、その辺りはオイオイ書くときもあると思いますが

今回は、どう対応したかです。

 

結局、2階のデッキ先(1階の部屋の雨漏り箇所の真上付近)の破風板?と言っていいのか

幕板と言えば良いのか、とにかくその板を外してみると

もやい樋(?)を発見!

cimg4074-01

しっかり針葉樹の落ち葉が詰まっています。↓

cimg4075-01

しかも、その排水を流す部分は、太さわずかΦ20↓

※一般的な家の雨樋の縦樋は、Φ60程度。

cimg4072-01

これじゃ流れませんね。↓

cimg4073-01

Φ20じゃ、そりゃー泥も詰まりやすいでしょうね↓

cimg4082-01

しかもその排水の周りの木は腐っているし!↓

cimg4080-01

とりあえず、この雨樋をキレイに泥を取り↓

cimg4079-01

雨樋をΦ60の太い物に交換します↓

cimg4086-01

なぜ、縦樋(雨水配管)の太さをΦ60にしたかというと

この太さだと多少異物があっても今後は詰まりにくいですし、

どこのホームセンターでも売っている物なので

もし、交換が必要になっても簡単に交換できるからです。

 

これで雨漏りの原因の方は対処できたので

今度は部屋の中をキレイにします。

 

こんな風に雨染みができてしまい見っとも無い感じではありましたが

幸いなことに、下地の木材の部分はあまりイタミが無い様でしたので↓

cimg4083-01

cimg4084-01

部分的に壁紙を貼り、見栄え良くして、新しいロールブラインドを設置します↓ rimg0574-01

rimg0575-01

そして床も大分クロカビが入ってしまったので↓

cimg4088-01

サンダー(紙やすり)で表面を磨きます。↓

cimg4091-01

木材が濡れてカビが発生してしまった場合、

どうしても木材の内部に食い込んでしまうので、

表面を擦ったくらいでは、完全に黒カビの痕跡を消すことはできません。

 

ですが上の写真の通りに、ある程度は、綺麗になります。

 

※今回は広葉樹の良い材質の木材であったので

表面を磨いてここまで見られるようになりましたが

フローリング材のように表面にシールを貼り付けたよう材質では

交換するしか方法がありません。

 

最近はヨーロッパ様式を真似た様な屋根先が短い建物も多くみられますが

なぜ、ヨーロッパの屋根が短いのかというと、

昔、屋根の大きさが税金の金額を算出する基準だったから

という理由もあります。

 

だから、使われなくなった建物はすぐに屋根を落としたそうです。

yaneotoshi

画像引用先:http://s0.geograph.org.uk/photos/88/28/882857_4160cd81.jpg

 

ですが、雨の多い高温多湿な日本の環境では

屋根先が飛び出ている昔ながらの軒先の長い家の方が

使い勝手が良く、家も長持ちするのです。

 

 

昔は土壁だから尚更ですが、屋根先が長い方が、

壁が濡れないので壁が長持ちします。

 

今はサイディングの壁が多いですが

壁が濡れなければ、5年で一回する塗装が

10年に1回で済むとなったら、結構な節約になります。

 

足場代だけでも〇十万といわれる今日では尚更です。

 

また、屋根鼻が長いと、少しくらいの雨でも

外で何か作業をしても濡れませんし、

家の外に何か物を置いても濡れずに済みます。

 

ですから、できるだけ屋根先の出ている家を私はお勧めします。

 

ではまた~♪

 

 

便利屋的な仕事♪
八ヶ岳高原より♪
大工工事
土木工事
塗装工事、ペンキ塗替え
キツツキ対策
不用品処分
小工事(建築・土木・設備)
擁壁工事
木の伐採
考察
草刈り、藪刈り作業
雨漏り修理

ご相談はこちらまで↓
アトリエブフィエのWebサイト