椅子の補修 茅野市北山

家の外のパラソルの下に置きっぱなしにしていた椅子が
座るところの樹が朽ちて来て、鉄も錆びてきたので
椅子の補修のご相談を頂きました~♪

 

こんな感じに気持よく座れないくらいの状態だったので↓
CIMG1276-01
まずは座席の部の木を外します。↓
CIMG1277-01
そして鉄の錆びた部分を(というか全体的なのですけど)↓
CIMG1279-01
CIMG1281-01
ヤスリで磨いてサビをできるだけ取り除きます。↓
CIMG1282-01
そして、サビ止めの塗料で下塗りをして↓
CIMG1284-01
充分乾いたところで、上塗りをします↓
CIMG1295-01
座席部分もこれまた塗装した木をはめ込んで終了です↓
CIMG1297-01
多分、購入してきた時には、エアーで1度吹いたくらいの塗装かと思います。

 

それでもしばらくは保ちますし、良いと言えば良いのですが
やはり椅子に長くガンバって貰うには、
定期的なメンテナンスが必要でしょうね。

 

今回は下塗りからガッチリ行ったので、
多分、5年くらいはとくに手入れも無く大丈夫かと思います。

 

よくウッドデッキなどの補修をさせて頂きますが
やはり5年もすれば、ミシミシ音がし出したり
怪しい部分もでてくるので、木部は5年くらいかと思います。

 

ハードウッドを使えばイイんじゃない?!

 

と思われるかもしれませんが
ハードウッドで保つ期間もヒノキ等の2~3倍といったところですし
色を付けようにも塗料が剥げやすくいので
2~3年もすればキレイに剥がれ落ちてしまいます。

 

塗料をコマメに塗り替えしている木部 と
ハードウッドで剥き出しの木部
を比較するとだいたい
長持ちする期間も一緒位でしょうか。

 

費用対効果で考えると
大体同じくらいです。

 

鉄部はこれだけしかkり塗装をしておけば
10年以上は大丈夫なんですけどね。

 

キレイな状態になって
お客様が気に入って下さって良かったです。

 

ではまた~♪

 

 

 

 
便利屋的な仕事♪
八ヶ岳高原より♪
大工工事
土木工事
塗装工事、ペンキ塗替え
キツツキ対策
不用品処分
小工事(建築・土木・設備)
擁壁工事
木の伐採
考察
草刈り、藪刈り作業
雨漏り修理

ご相談はこちらまで↓
アトリエブフィエのWebサイト